腸閉塞のリスクグッバイ【健康は早期検査や治療から】

サプリメント

薬剤師による薬の服用指導

先生

服薬指導とは、薬剤師が薬を服用した患者の訴えをよく聞いて、客観的にその事実をつかむものです。その後の処方に活かされますので、患者の方もきちんと伝えることが大事です。また、薬剤師の方も記録に際しては、患者の訴えや客観的な事実、評価や今後の計画をそれぞれ残す必要があり、これをSOAP形式と呼んでいます。

Read More...

突然の脅威

辛い症状に襲われる腸閉塞を未然に防ぎましょう。どのようにすれば防げるのかを知りたい方はコチラをチェックしましょう!

女性

腸閉塞の知識を持っておくことは万が一の際に非常に有効に働きます。まず腸閉塞は突然やってきます。刺すような痛みといわれ、お腹の張りや嘔吐が起きます。左記の症状が出たらすぐさま病院に駆け込む、または救急車を呼ぶ必要があります。なぜなら腸閉塞は死にいたる可能性があるからです。腸閉塞はその名のとおり腸が詰まる病気です。そのため症状がでたら飲食は絶対してはいけません。治療のため鼻から吸引チューブを入れたり、開腹手術をする可能性があります。もし腸管への血流が途絶えている場合は危険なので、即時開腹手術が必要です。危険な状態にならないよう、単純な腹痛を甘く見ないで腸閉塞を疑ってかかり、事前に知識を入れることが肝要です。

腸閉塞の原因としてはさまざまなものがあるのですが、開腹手術を経験した事のある方に起きるパターンが多いようです。予防としてはまず知識を蓄えること、それに暴飲暴食を避けることがあげられます。お腹が張ったりガスが出にくかったりした場合、もしかしてという意識を持っておくことで事前に医師に相談し対策することもできます。また暴飲暴食は言わずもがなです。腸閉塞のみならず多くの病気の原因となるでしょう。腸閉塞になってしまうと基本的に点滴生活です。徐々にゆるいおかゆから固形物を食べられるようにしていきますが、もし日々の食事にこだわりが強い方でしたら我慢できないでしょう。おいしい食事を楽しくするために腸内環境には気をつけて生活しましょう。

治療が難しい胆管がんを患った本人、そしてご家族の方に最適な情報サイトがあります。症状や治療法に関する詳細を必見です。

体になにか異常があるなら

先生

体の調子が悪く、体重が急激にへった・お腹がいたい・黄疸・腹部にしこりができたなどの症状が現れたらた胆のうがんかもしれません。すぐに病気で検査・治療を行いましょう。予防するには人間ドック・健康診断で早期発見・健康診断を心がけましょう。

Read More...

骨のがん

女性

骨肉腫は、がんのひとつです。骨肉腫は、10代や20代で発症することがほとんどです。初期症状は、筋肉痛の様なスポーツ時の痛みで、なかなか気がつかない人も多いようです。專門医療機関を訪ね、患者に合う治療方法を選択しましょう。

Read More...